nines WEB

【高校】北信越大会準決勝 上田西は飛鳥井の2発、エース山口の熱投で星稜撃破。センバツへ大きく前進

秋の北信越大会は17日、富山市民球場で準決勝を行い、上田西(長野2位)は5番飛鳥井の離れ業の2発やエース山口の熱投もあり、星稜(石川1位)に5-4で逆転勝ちし、初のセンバツに大きく前進した。上田西は18日、決勝戦で敦賀気比(福井1位)と対戦する。

↑ 星稜を破り決勝進出を決めた上田西

↑ スタメン

【準決勝】
星稜
001102000 4
00010301X 5
上田西
(星)野口―中谷
(上)山口―小川
本 飛鳥井2(上)
三 笹原(上)
二 吉田(星)、杉浦(上)
【評】上田西は3回に内野ゴロ、4回には適時打を許し1点ずつ失う苦しい展開。4回裏に5番飛鳥井のレフト越えソロで1点をかえしたが、6回に適時打と挟殺プレーの間に2点を失い、1-4とリードを広げられた。粘る上田西はその裏、連打で1死二、三塁とし、飛鳥井が再び左越えに3ランを放ち同点とした。勢いに乗る上田西は8回、1死満塁から8番小川が左前に運び、ついに勝ち越し。先発の山口は7回以降、星稜に得点を許さず、150球の熱投でリードを守り切った。

<試合経過&フォト>

(残り 1430文字/全文: 1876文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ