nines WEB

【ドラフト】県関係の指名候補者紹介④ 東北福祉大(佐久長聖高出)・元山飛優

④ 東北福祉大4年 元山 飛優内野手

佐久長聖高時代からその守備力は非常に評価の高かった元山。全国屈指の強豪、東北福祉大に進んでからも安定した守備力を買われて下級生のときから正遊撃手となり、打撃でも数々のタイトルをつかんできた。2年時は大学日本一、3年時には大学日本代表に選ばれ、全国区のプレーヤーとなった。主将で迎えた仙台六大学秋季リーグ戦も、3番ショートで出場し打率3割5分3厘(9位)、2本塁打でベストナインにも選ばれ、5季連続のリーグ制覇に貢献した。

↑ 堅い守備が売りの元山

<もとやま ひゆう>
1998年12月4日、大阪府生まれの21歳。中学では生駒ボーイズに所属。佐久長聖高では1年夏からサードのレギュラーで甲子園に出場。その秋からショートに移り、3年夏は3番主将で甲子園出場。東北福井大では2年春に打率(4割8部6厘)と打点(12点)で2冠。3年春も打点のタイトルを獲得。180㌢、78㌔。右投げ左打ち。


【nines春号で特集】

(残り 387文字/全文: 801文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ