nines WEB

【高校】春季県大会準決勝 松商と岡谷南が決勝へ   5月18日

春季県大会の準決勝は5月18日、しんきん諏訪湖スタジアムで2試合を行い、松商学園と岡谷南が決勝に進んだ。

第1試合は、昨秋県4強の松商が、初の4強で勢いに乗る高遠を13―2の6回コールドで退けた。

第2試合は、昨秋出場辞退の岡谷南が、長野日大に延長10回、9-7で逆転勝ちした。

休養日を挟んだとはいえ連戦の中、多くの投手陣に疲れが見え、集中力を欠くようなミスもあった。そうした中でも松商は、主力級をコンディション不良などで欠いたが、層の厚さを見せ、余力を残して決勝にコマを進めた。

19日に高遠―長野日大の3位決定戦、松商学園―岡谷南の決勝戦を行う。優勝校のみ、6月の北信越大会に進む。

【しんきん諏訪湖】
▽第1試合
高  遠
000110 2
054022x 13
松商学園
(6回コールド)
高)登内、柳原、湯田―阿部
松)栗原―野田
本=今井(松)
三=小松快(高)
二=間中、金井(松)

↓ スタメン

↓ 松商は今井(19)の2ランでコールドを決める

↓ 初の準決勝に臨む高遠

※レポート&フォトギャラリーあり

▽第2試合
岡谷南
0001120032 9
0210300010 7
長野日大

(延長10回)
岡)星野、高橋―味澤
日)白根、長坂、中島、大日方―東海林
本=林琉(岡)
二=平林、塚田(日)

↓ スタメン

↓ 決勝進出を決めた岡谷南

↓ 日大は9回、塚田の適時打で代走半藤が生還し同点

※レポート&フォトギャラリーあり

▼レポート&フォトギャラリー▼
(有料会員限定)

(残り 1577文字/全文: 2177文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ