nines WEB

【高校軟式】春季北信越で松本工が5年ぶり優勝

第27回北信越地区高校軟式野球大会
(5月29、30日・新潟県上越市)

松本工(県2位)が決勝で新潟商を4―1で破り優勝をした。これで夏(選手権)の北信越大会で長野県は2校の出場枠を確保。上田西(県1位)は、準決勝(初戦)前に出場を辞退した。

▽決勝
松本工
100001200 4
000100000 1
新潟商
(松)髙田、瀧井―髙山
(新)井村、川上―池田
二 川上(新)

【評】決勝で松工は1回表、1番髙山が敵失と犠打で三進。3番瀧井のスクイズで先制した。

4回にミスで同点とされた松工は6回、2死二塁で久保田主将は三盗を仕掛け、これが捕手の悪送球を誘いホームに生還し、勝ち越した。

続く7回には、9番大橋の2点適時打でリードを広げた。

松工先発のエース髙田は、連投で本来の球威はなかったが、制球よく丁寧に打たせていった。8回2死でマウンドを瀧井に譲ったが、その瀧井も後続をきっちり抑え、逃げ切った。

▽準決勝
松本工2―1富山商

▼フォトギャラリー▼
(有料会員限定)

(残り 91文字/全文: 509文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ