nines WEB

【大学】東都2部が熱い!信州関係者が各チームで活躍中

日大の優勝で幕を閉じた東都春季リーグの2部。その日本大で主に6番ファーストでレギュラーを張ったのが、長野日大高出身の池田章人(4年)だ。

日大と最後まで優勝争いを演じた専修大では、松商学園高出身の北原拓未(3年)が外野の一角でスタメン出場をした。

4位だった拓殖大では、松本第一高出身の川船龍星(4年)が各カードで初戦を任されるエースの重責を担った。さらに受ける〝正妻〟は長野商高出身の増田幸之助(4年)。高3の夏に直接対決した、かつてのライバルだ。

2部とはいえ150㌔前後のボールを放る投手も珍しくなく、プロのスカウトも数多く視察しているレベルの高さ。川船も150㌔近い速球を連発している。

ほかにもリーグ戦に出場している県関係者が多い東都2部に今後も目が離せない。

↓ 高層ビル群を望む等々力球場(川崎)も会場になる東都2部。

マウンドに立つのは拓大・川船

(残り 216文字/全文: 590文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ