nines WEB

【高校長野大会】開幕までに見ておきたい② 松本国際 二人の〝そら〟

秋、春とも県大会を逃している松本国際にとって、夏の浮上の鍵は二人の〝そら〟だ。

それはエースの林青空(3年・大阪門真第二中出)と中川大空(3年・大阪石橋中出)の2投手。漢字は違うが、二人とも「そら」と読む。

↓ 中川(向かって左)と林の両右腕

林は春まで背番号6を付けた、ショートと兼務の投手。中信2回戦の都市大塩尻戦では被安打8、与四死球2、8奪三振で完投したが3-4で敗れている。

その後、別の遊撃手が育ったこともあり投手に専念。球速は130㌔中盤だが、それ以上に切れるストレートが武器になっている。〝野手投手〟ではなく完全に投手のボールと言っていい。さらに制球、スライダーを軸にした変化球の切れにも林は自信を持つ。

↓ キレが魅力の林

森田一弘監督は「気性もいい」と林の投手として能力を認めつつ、「勝てる投手になってほしい」と注文をつける。昨秋も中信代表決定戦でウェルネスに1-2で惜敗している。林は「マウンドでは気持ちを出しながらも冷静に打者を見ていく。最後に1点勝っていればいい」と勝利にこだわる。

181㌢の中川は右上手の本格派。春は1回戦で田川を無四球完封しているように、制球力が生命線。森田監督も「勝てているのはコントロールがいいから」と信頼する。

↓ 制球力に自信を持つ中川

冬場の故障を経て、ここにきて球速も132㌔まで上がってきた。チェンジアップ、スライダーの変化球にも自信を持つなど状態は上向き。中川は「大事な試合を任されるようになりたい。できることをまっとうする」と、主戦の一人として自覚する。

↓ 室内ブルペンで並んで投球練習

【松本国際】初戦は茅野・諏訪実・岡谷東連合(岡谷南ブロック)
林、中川の両右腕に加え、左の板倉駿弥も状態がよく、リリーフ登板が想定される。寺田航や、森本大翔ら足の使える選手が多いのも特長。中軸に座りパンチ力のある中澤善、原田歩夢が得点源になる。森田監督は「足を使えるチームなので、エンドラン、バントを絡めチャンスを広げていきたい」と、秋、春は得点力不足に泣いた打線のつながりに期待する。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ