nines WEB

【高校】長野大会総括 数字で見る松商の強さ① 圧倒的な体格

第103回全国高校野球選手権長野大会は、松商学園の4年ぶり37回目の優勝で幕を閉じた。春、夏連続の県制覇、そして夏6試合の戦いぶりからも頭一つ抜けた戦力を見せつけた。その強さを数字で検証したい。

松商ナインの体の大きさが際立っていた。決勝時のスタメン9人の平均身長は177㌢、体重は74.4㌔で、ほかのベスト8校を圧倒していた。

↓ 長野日大(左)との決勝戦に臨む松商学園。身長、横幅で上回っている感じがする

(残り 742文字/全文: 943文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ