nines WEB

【中学軟式】北信越大会 佐久長聖は準決勝へ 丸子北は初戦敗退 8月3日

第42回北信越中学校総合競技大会軟式野球
(8月3日・富山市民球場ほか)

長野県から県大会1位の佐久長聖と2位の丸子北が出場した。2回戦から登場の佐久長聖は、新潟1位の聖籠を5-0で破り、4日の準決勝に進出。丸子北は1回戦で、板津(石川2位)に延長8回タイブレークの末、3-4で敗れた。

▽1回戦
丸子北
20010000 3
00300001x 4
板津
丸)林―堀内
板)大橋、高橋―山岸
三=堀内2(丸)、桝田(板)
二=依田(丸)、山岸(板)
【評】丸子北は1回、先頭の依田が二塁打で出塁。1死三塁とし、3番堀内は右中間を深々と破ると、中継ミスもあり堀内も一気に生還し2点を先制した。丸子北は3回裏に3連打に失策も絡み3点を失い逆転されたが、4回表、3連打と内野ゴロですかさず同点とした。結局、7回を終え3-3で決着がつかず、タイブレーク(無死一、二塁)による延長に突入。その8回、上位打線から始まる丸子北は強行し無得点。その裏、板津に1死満塁から決勝打を浴び、惜しくも敗れた。

↓ 初戦に臨む丸子北ナイン

▽2回戦
佐久長聖
0113000 5
0000000 0
聖籠
佐)中山―田村
聖)宮澤、小林―加藤
本=加藤(佐)
二=田村(佐)、泉(聖)
【評】長聖は2回に押し出しで先制すると、3回には5番倉澤の適時打で1点追加。さらに4回には2死一、二塁から2番加藤が左中間を深々と破ると俊足を飛ばして3点ランニング本塁打とした。長聖先発の中山は両コーナーと低めを丁寧に突き、バックの好守にも助けられ、完封で1位校対決を制した。

↓ 初戦を突破し校歌を歌う佐久長聖ナイン

▽レポート&フォトギャラリー▽
(有料会員限定)

(残り 874文字/全文: 1557文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ