nines WEB

【高校】長野大会総括(最終回) 優勝候補はなぜ敗れたか

優勝した第1シードの松商学園と並び、シード順こそ低いがセンバツ出場の上田西(第8シード)と昨秋の県王者・佐久長聖(第7シード)が大会前、優勝争いの軸と見られていた。

しかし上田西は準々決勝の相手が松商だったとは言え、まさかの7回コールド負け。佐久長聖は、準々決勝の岡谷南戦で大会4試合を通じて唯一失った1点で夏を終えた。

上田西、佐久長聖両監督とチーム状態や敗れたゲームを振り返った。

↓ 準々決勝で敗れベンチに戻る上田西ナイン

↓ 岡谷南の校歌を聞く佐久長聖ナイン

(残り 1570文字/全文: 1797文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ