nines WEB

【高校】北信越大会16日、開幕 県勢展望

第145回北信越地区秋季高校野球大会
(10月16、17、23、24日)

北信越大会は10月16日から、松本市野球場を主会場に県内で開催される。県内からは松商学園(1位)、東京都市大塩尻(2位)、東海大諏訪(3位)、長野日大(4位)の4校が出場。各校の戦力、必勝パターンを県大会からおさらいする。

▽1回戦
松商学園―帝京長岡(新潟3位)
(9時~・松本市)

↓ 松商3番の三本木。準決勝ではサヨナラ打


都市大塩尻―遊学館(石川3位)
(14時~・松本市)

↓ しぶとい打撃の都市大4番行木

 

東海大諏訪―星稜(石川1位)
(10時~・しんきん諏訪湖)

↓ 頼れる小川主将。守ってもショート


長野日大―北越(新潟1位)
(14時~・県営上田)

↓ 夏準優勝を知る青木翔主将

▼各校の戦力はこちら▼
(有料会員限定)

(残り 1257文字/全文: 1598文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ