nines WEB

【一般軟式】国体県選考大会 長野松代総合病院が延長制し連覇

国民体育大会県選考大会兼水戸市長旗第30回東日本軟式野球選手権大会県代表決定大会
(6月18、19日・県営上田野球場ほか)

決勝でJA厚生連長野松代総合病院が延長10回、ルビコンに3-2でサヨナラ勝ちし、優勝した。長野松代総合病院は11月に茨城県で開く水戸市長旗大会に出場する。

また同大会と6月4、5日に行った天皇杯県大会の出場選手の中から、国体に臨む選抜メンバーを選考する。

↓ 優勝した長野松代総合病院

↓ 決勝のスタメン

▽決勝
ルビコン
000 000 011 0 2
000 000 002 1x 3
長野松代総合病院
ル)八幡、丸山―大和久
長)中山、手塚―徳光
二=園田、青柳(ル)、今井、北澤(長)

▽1回戦
長野松代病院3-0コトヒラ工業
キッセイ薬品工業3-2岡谷市役所
セイコーエプソン7-0こもろ医療センター
ルビコン8-0オリオン機械
▽準決勝
長野松代病院5-2キッセイ薬品工業
ルビコン8-1セイコーエプソン

▼リポートはこちら▼
(有力会員限定)

(残り 713文字/全文: 1120文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ