犬の生活SUPER 西部謙司WEBマガジン POWERED BY EL GOLAZO

【レビュー】J2第6節京都0-2千葉@西京極「水浸しでも、ベースは揺らいでいない」(文・西部謙司)1,800字 2015/4/6

●“水球”を制す

 雨は降っていたんですよ。でも、土砂降りというほどでもなく、まさかあんなピッチコンディションとは思いませんでした。もうね、水球です。

 ドリブルすると水たまりでボールが止まってしまうので、ボールを追い越してしまう選手が続出。ロングボールを蹴ってもバウンドしません。ベチャッと落ちて、つるんと滑るだけ。こうなってしまうともうサッカーにはなりません。サッカーに似た別の競技と言っていいでしょう。

 4-4で引き分けたセレッソ大阪戦のあとだけに、ある意味大事なゲームだったと思います。ロースコア接戦上等の今季の千葉なわけですが、C大阪相手とはいえまさか4点も取られるとは(4点取れたわけですけど)。しかし、京都戦では元に戻ったというか、水浸しで内容はアレですけどベースは揺らいでいないところは見せられたのではないでしょうか。

●ヘディング2発で決着

 千葉のスタメンは右SB金井貢史が負傷欠場で北爪健吾がデビューです。あとはいつもどおり。前節同様、ネイツ・ペチュニクがトップ下、井出遥也が右のサイドハーフでした。

千葉 先発フォーメーション

[4-2-3-1]
森本
谷澤 ネイツ 井出
パウリーニョ 佐藤勇
中村 大岩 キム 北爪
高木

(残り 1241文字/全文: 1743文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック