犬の生活SUPER 西部謙司WEBマガジン POWERED BY EL GOLAZO

【レビュー】J2第42節千葉0-2讃岐@フクダ電子アリーナ-「来季への課題は山積」(文・西部謙司)2015/11/24

●プレーオフ進出を逃す
8位で迎えた最終節。ジェフユナイテッド千葉のプレーオフ進出の条件は3つ。V・ファーレン長崎の負け、東京ヴェルディの引き分け以下、そして、千葉の勝利でした。1つ1つはじゅうぶん起こりうることですが、3つ重なるかどうか。

ところが、長崎はギラヴァンツ北九州に、東京Vはセレッソ大阪に敗れ、カード2枚がそろいます。3カードなら千葉は6位……。しかし、肝心の自分たちの試合が0-2とは。他力本願、人事を尽くして天命を待つはずが、自力が足りずにチャンスを逃したことになります。

最終的には9位に陥落。これが今季の実力と受け止めるほかありません。「千葉はJ1にいるべきクラブ」という声をよく聞きます。しかし、J1から数えれば27番目のチームです。環境や戦力の面でJ1並み、ということなのでしょうが、成績もプレー内容もJ1のレベルにないことは明らかです。たとえプレーオフに残って、さらにJ1昇格を果たしたとしても、1年でJ2に戻るでしょう。つまり、J1にいるべきというよりJ2にふさわしいチームだということです。まず、その現実を直視しなければならないですね。

●讃岐の堅陣を崩せず
佐藤勇人、パウリーニョが出場停止から戻り、2トップは森本貴幸が負傷欠場で松田力とネイツペチュニク。MFの右に水野晃樹、左に田中佑昌が入りました。

千葉 先発フォーメーション

松田力 ネイツペチュニク
田中佑昌 水野晃樹
佐藤勇人 パウリーニョ
中村太亮 富澤清太郎 キムヒョヌン 大岩一貴
岡本昌弘

(残り 1809文字/全文: 2436文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ