犬の生活SUPER 西部謙司WEBマガジン POWERED BY EL GOLAZO

【試合前コメント】関塚隆監督「前から行けているから守備の安定がある」、近藤直也、山本真希、船山貴之、吉田眞紀人、アランダ、佐藤優也(取材:EL GOLAZO)2016/4/1

関塚隆監督
前から行けているから守備の安定がある

本当に1人ひとりが意識をして、攻守にわたって一体となってサッカーをやってくれている。われわれがボールを持っていれば攻撃を仕掛けるし、相手がボールを持っていれば、攻撃をするためにボールを奪いに行く。そのための手段として、切り替えのところを意識している。コンビネーションのところで、もう1つ合わないなという部分はあるかもしれないが、試合とか時間が重ねていけば、合っていくと思う。それをつなげて、しっかりと目先の試合を1つひとつ大事に戦いながら、勝点を積み上げていくことが大事だと思っている。

(3試合連続で無失点だが)守備も良くなっているが、攻撃が前から行けているから守備の安定があると思う。それとGKの佐藤優也がボールを奪ってから、いち速く攻撃に移ってくれている。その部分で区切れのないサッカーをみんなが意識して、やっていこうという取り組みがあって、内容と結果を出してくれていると思う。ボールの失い方が悪ければ、(前節・)ザスパクサツ群馬戦(0△0)でもゴール前に持っていかれてしまって決められてしまっていた。

(今節はセレッソ大阪戦だが、イメージは?)C大阪には個人のタレントがいる。それだけの相手に対して、自分たちが求めてきたことを一体感を持って攻守にわたり、やらないといけない。個を出させてしまうとC大阪の強さが出てしまうので、引き出させないように、われわれの狙いとするサッカーを展開することが大事になると思う。

(残り 2231文字/全文: 2860文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック