犬の生活SUPER 西部謙司WEBマガジン POWERED BY EL GOLAZO

【ユナパな話】VOL.25「アルゼンチンのお勉強(後編)」(取材・構成:西部謙司)

●ラ・マキナ
アルゼンチンは第1回ワールドカップの優勝候補でした。ワールドカップといえば最多5回優勝のブラジルですが、当時の南米の強国といえばアルゼンチンとウルグアイ。決勝はウルグアイに敗れて準優勝でした。

1940年代に「ラ・マキナ」と呼ばれたリーベルプレートは史上最強クラスのクラブチームといわれています。CFのアドルフォ ペデルネーラはいわゆるゼロトップだったようです。「ファルソ・ヌエベ(偽9番)」はペデルネーラからポジションを奪ったアルフレード ディステファノに受け継がれ、ディステファノに憧れたヨハン クライフが再現し、クライフ監督下のバルセロナでミカエル ラウドルップがリバイバル、それがリオネル メッシにつながるわけです。

(残り 1569文字/全文: 1881文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック