犬の生活SUPER 西部謙司WEBマガジン POWERED BY EL GOLAZO

【戦術分析:海外】バルセロナ 5-0 セルタ リーガ・エスパニョーラ第26節

●ルイス・エンリケの修正
UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16のファーストレグでパリ・サンジェルマンに大敗を喫したバルセロナ。ホームでの大逆転へ向けて、いくつかの修正を行ってきました。そしてセルタ戦で、可変式の「3-4-3」という結論にたどり着いたようです。

これで、パリでの0-4をひっくり返せるかというと、ちょっと難しい気はしますが、不調も底を打って上昇機運にあるのは事実。5-0というスコアも期待を抱かせるものです。何がどう変わってきたのか見てみましょう。

●メッシ・システムのいびつさからの脱却
これまでのバルセロナはいわば「メッシ・システム」でした。右ウイングからトップ下の位置へ移動するメッシを生かすためのシステムです。具体的には右サイドバック(SB)が右ウイングの位置へ進出して幅を取り、右インテリオールはメッシと右SBをバックアップする形でバランスを取るというもの。守備の時はメッシをスアレスとともに前線に残して「4-4-2」で引きます。

【戦術分析:海外】バルセロナ 5-0 セルタ リーガ・エスパニョーラ第26節

(残り 1108文字/全文: 1537文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック