『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

犬の生活SUPER 西部謙司WEBマガジン POWERED BY EL GOLAZO

【レビュー】J2第37節 千葉5〇1松本「意外とハマった4-4-2」

2017明治安田生命J2リーグ第37節
ジェフユナイテッド市原・千葉 5〇1 松本山雅FC
http://jefunited.co.jp/top/matches/2017/1014/result/

●引き続き「4-4-2」で5-1大勝
後半に怒濤の4ゴールで完勝でした。ある意味、アウェイでやる時に参考となりそうな試合かもしれません。あと、やむをえず始めた「4-4-2」が意外とハマっています。ボランチが2枚いるので、こぼれ球への対応がしやすいのでしょうね。J2は「3-4-2-1」のフォーメーションが多く、1トップへロングボールを打ち込んでのセカンドボール狙いの攻め方がメイン。「4-4-2」はそれに対して有効だったのではないかと。

ラリベイと船山貴之の縦関係2トップも機能していますし、清武功暉と為田大貴という両サイドの個の能力も効いています。サイドでのパスワークも洗練されてきた気がします。


Football Tactics Webにて左上の番号を入力すると、戦術ボードを共有できます。

●カウンター炸裂で先制
立ち上がりにペナルティエリア内で間接FKを取られました。GK佐藤優也がいったん手で持ったボールを地面に置いてドリブルし、もう1回手で持ったのでファウルという判定だと思います。ただ、佐藤優は最初にシュートを防いだ後、ボールを体の下に置いているときに両手をぶらぶらさせて「持っていませんよ」というジェスチャーをしています。その後に立ち上がって少しドリブルしてからボールを拾っている。本人としては問題ないという認識なのでしょうが、主審からどう見えたかですね。まあ取らなくてもいいんじゃないの、とは思いましたが。

(残り 1908文字/全文: 2608文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ