犬の生活SUPER 西部謙司WEBマガジン POWERED BY EL GOLAZO

#船山貴之 「本当に振り抜いただけ」【試合後コメント】#フアンエスナイデル 監督 #町田也真人 #矢田旭 #相馬直樹 監督 #杉森考起 #ロメロフランク (取材:EL GOLAZO)

明治安田生命J2リーグ第9節
ジェフユナイテッド市原・千葉 3〇2 FC町田ゼルビア
https://jefunited.co.jp/top/matches/2018/0415/result/

フアンエスナイデル監督
本当にキツい試合だった。われわれが苦しんだのは相手が強くプレッシャーに来たから。難しいシーズンのスタートを切ったということで、安全確実なプレーも必要だった。この結果がプレッシャーから解放してくれることを願う。勝つことが大切だったし、キツいチームに勝てて満足している。

(「4-3-3」へのシステム変更の意図は?)(ウイングに配置した)町田(也真人)選手と船山(貴之)選手を使って、もう少し幅のある攻撃をしたかったのが意図の1つ。(インテリオールに配置した)茶島(雄介)選手と矢田(旭)選手を使って中の連係も深めたかった。きょうのゲームの主なキーポイントはアウトサイド。前半の初めもシュートチャンスに持っていけていたが、最後のパスやシュートをミスしていた。相手のゴール(先制点)にも苦しんだが、後半の入り方は良かった。

MF 10 町田也真人
勝ちがほしかったし、気持ちを出さないといけない試合だった。最後はハラハラしたし、本当は2失点したくなかったが、良かった。自分たちは蹴るサッカーではないが、裏へ飛び出す意識付けを再確認しないといけなかったので、いいキッカケになると思う。監督はサイドを使ってアグレッシブにやりたい、ということだった。もう少し余裕が出てくれば、足下(のプレー)とかも出てくるかなと思う。

本当はもうちょっと落ち着かせるプレーを出したかった。ただ、きょうは少しでも戦っているところを見せたかったので、(きょうの形が)ベースがこうなればいい。みんな声を出していたが、2失点したのは「まだできてないよ」ということ。アウェイではまず失点をしないこと。先制点を取っても前から(プレス)行って、きょうみたいなプレーができればいい。

(逆転ゴールを振り返って)シュートを打つまでは落ち着けていて、左の隅を狙ったが、ど真ん中に行ってしまった。気持ちを出したかったので、最後はニア上を狙って、そこに蹴ろうと思っていいところに行った。

FW 11 船山貴之
チーム状況が良くない中で、ホームに帰ってきた試合で気持ちの面で戦う姿勢を意識していた。ホームで勝てたのはすごく大きいが、まだ1勝。アウェイで勝利しなければ上にはいけないし、連勝していかないと上にはいけない。アウェイは難しい試合になるが、しっかり勝ち切りたい。

(ゴールシーンを振り返って)本当に振り抜いただけ。入って良かった。その前に一対一を外していたので、取り返せて良かった。自分のゴールというよりチームを勝たせたい気持ちでやっている。その中でゴールを決められれば一番良い。周りを使いながら勝っていきたい。

MF 20 矢田旭
アシストできたのは、(これまで)なかったので個人としても良かったし、それが反撃の狼煙(のろし)の1点だったので良かった。サイドはサイドで相手が絞っていて、チームとしても簡単に使う意思統一があったので、サイドに出てきていい形で仕掛ける場面もあり、すごく楽しくできた。インテリオールになってからは今度はサイドにボールを供給する番でそこを意識し、セカンドボールや走り負けないことを意識してやれていた。勝てた結果が一番大事なのでそこは評価できる。

「4-3-3」がうまく行っている時は攻撃の破壊力がある。チームとしてのリズムも前へのスピードも速くていい。いままでできてなかった部分が、いい方向に出て、みんなも手応えを感じられたと思う。まだ1つ勝っただけなので、このいいイメージをこれからの試合につなげたい。

次のページ

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック