犬の生活SUPER 西部謙司WEBマガジン POWERED BY EL GOLAZO

失点が減れば得点も減る…#ジェフユナイテッド千葉 2つの道【2018シーズン総括】その4

●来季はどうなる
ここまでのまとめとして、来季を展望してみたいと思います。と言っても、現時点で不透明なところが多くて実際何とも言えません。今後の補強次第なんですわ。

まず、千葉の大きな課題は失点を減らすことです。同時に得点もなるべく減らしたくない。得点が同じで失点を半減できれば上位に進出できるでしょう。しかし、そううまい話はなかなかないわけです。失点を減らそうとすると、だいたい得点も減ります。そこを何とかバランスを取りたいのですが、現時点では2つの道があるように思います。

●失点が減れば得点も減る
フアンエスナイデル監督のハイライン・ハイプレス戦術だと、得点できるかわりに失点も多い。そこでまず失点を減らす方法として、ラスト4試合でのリトリート守備が当面の解決策になりそうです。相手のボール支配率が上がり、相対的に千葉が攻撃する機会が減りますから、得点は減るでしょう。ただ、千葉が引くことで相手は前に出てきますからカウンターのチャンスが出てきます。カウンターは得点の確率が高い攻め方なので、攻撃回数が減ってもそれなりに得点できるかもしれません。ハイライン・ハイプレス戦術の目標スコアが3-2ぐらいだとすると、リトリートの場合は2-1ぐらいのイメージになるでしょうか。

(残り 1695文字/全文: 2227文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック