犬の生活SUPER 西部謙司WEBマガジン POWERED BY EL GOLAZO

守備は安定…課題は良い攻撃の再現性【マッチレポート】J2第9節 #ジェフユナイテッド千葉 0△0 #ファジアーノ岡山 #jefunited #ジェフ千葉

2019明治安田生命J2リーグ第9節
ジェフユナイテッド千葉 0△0 ファジアーノ岡山
https://jefunited.co.jp/top/matches/2019/0414/result/

●タフな試合

0-0の結果が示す通りで、どちらもあまりチャンスを作れなかったゲームです。しかし、どちらも球際で意地を見せ、負傷者も出しながら、力を尽くした上でのドローだったと思います。

千葉は今季の宿題だった守備の安定を手に入れました。半面、看板だった攻撃力は消えています。ただ、およそこうしたもので、いっぺんに両方というわけには行きません。順番として、まず守備からということでいいと思います。攻撃の改善は時間が掛かります。人がそろえば、すぐにできてしまうもの、でもあるのですが、チームとして変えていくのはそう簡単ではないでしょう。

パスワークは少し良くなってきました。焦らずに、現状の長所である守備力に頼りながらも得点へ近づいていけばいいのではないでしょうか。

●守備は安定。攻撃に再現性が薄い

前半3分、増嶋竜也のパスから乾貴哉、工藤浩平を経由して攻め込み、セカンドボールを田坂祐介がミドルで狙います。4分には熊谷アンドリューのクロスを新井一耀がヘディングシュートも枠には飛ばず。立ち上がりに2つチャンスを作りましたが、その後はなかなか攻め込めません。

(残り 996文字/全文: 1562文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック