犬の生活SUPER 西部謙司WEBマガジン POWERED BY EL GOLAZO

V9に向けて白星発進のユーベ、今季の3つの課題【イタリア】セリエA第1節 パルマ 0-1 ユベントス

SERIE A Giornata 1
Parma 0-1 Juventus
http://www.legaseriea.it/it/serie-a/match-report/2019-20/UNICO/UNI/1/PARJUV

●V9に向けて白星発進のユーベ

欧州主要リーグでは最も開幕の遅いセリエAも始まりました。スペイン、イングランドと来ました開幕シリーズ(?)、今回はイタリアでございます。

セリエAといえばユベントス。だって8連覇ですよ、今季優勝したらV9です。私が子供のころは巨人のV9時代でした。セントラルリーグは巨人しか優勝しないと思っていましたし、総理大臣はずっと佐藤栄作だと思っていました。8、9年間というと子供にすればそのぐらいの時間です。

アントニオ コンテ監督で始まったユベントスの何度目かの黄金時代は、マッシミリアーノ アッレグリ監督を経て、今季からマウリツィオ サッリ監督に引き継がれることになりました。サッリ監督は肺炎の治療で開幕戦欠席でしたが、戦術面で大きな変化があるのではないかと言われているようです。

しかし、開幕戦の時点では特に変化は感じられませんでした。むしろクリスティアーノ ロナウド中心、ロナウドありきの戦い方がより明確化されていた印象です。まだ1試合ですし、選手層が分厚いのでこれから変化があるのかもしれませんが、サッリはメンバー固定型ですし、案外このままなのかもという気もします。

●ロナウド仕様

ロナウドは「4-3-3」システムの左ウイングです。ところが、試合途中で中央付近にとどまる時間もあり、「4-3-3」と「4-4-2」をロナウドの気分(?)で自在に使い分けるシステムでした。

リオネル メッシが右ウイングでプレーしていた時のバルセロナと似ています。要は、チームの絶対的エースには得点がらみのプレーになるべく専念してもらい、守備はできるだけさせない、という戦術ですね。

(残り 1567文字/全文: 2387文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック