犬の生活SUPER 西部謙司WEBマガジン POWERED BY EL GOLAZO

復活したサイドアタック #堀米勇輝 が攻撃を加速【マッチレポート】J2第36節 #Vファーレン長崎 0〇2 #ジェフユナイテッド千葉 #jefunited #ジェフ千葉

2019明治安田生命J2リーグ第36節
V・ファーレン長崎 0〇2 ジェフユナイテッド千葉
https://jefunited.co.jp/top/matches/2019/1012/result/

●攻守にいいリズム

いい勝ち方だったのではないでしょうか。攻守に良いリズムでプレーできていた時間がかなりありました。江尻篤彦監督の采配ズバリです。鳥海晃司のボランチ起用は当たり、交代出場の堀米勇輝が1ゴール1アシストの活躍でした。

前節の負傷で欠場するかと思われたクレーベが先発、為田大貴の復帰も大きかったですね。長崎は呉屋大翔が脅威でしたが、組み立ての変化はそれほどなく、守備面でもわりとやりやすかったかもしれません。ホームで大敗した後でしたが、それを感じさせることもなくアウェイで2-0と勝ちきりました。

●落ち着いていた鳥海、復活したサイドアタック

負傷の増嶋竜也のポジションにはエベルト。そしてボランチに佐藤勇人に代わって鳥海が先発でした。鳥海のボランチは短い時間の起用はあったとはいえ、先発でどうなんだろうと思いましたが、どうしてどうして落ち着いたものでした。

無理せず丁寧にプレーしていたのが良かった気がします。チーム全体としても、いつもより1つ1つのプレーが丁寧だったように感じたのは気のせいでしょうか。

(残り 1120文字/全文: 1697文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック