犬の生活SUPER 西部謙司WEBマガジン POWERED BY EL GOLAZO

間受け対策とほしい攻め手【#明治安田生命J2リーグ】第2節 #ジェフユナイテッド千葉 0●1 #大宮アルディージャ #jefunited #ジェフ千葉

20020明治安田生命J2リーグ第2節
ジェフユナイテッド千葉 0●1 大宮アルディージャ
https://jefunited.co.jp/top/matches/2020/0627/result/

●やや不運な失点で0-1

ようやく再開しましたJリーグ。ジェフ千葉はホームに大宮アルディージャを迎えて0-1、再開後のスタートは黒星となりました。

前半ロスタイム、FKからの小野雅史のシュートがクレーベ、高橋壱晟に当たってゴールイン。これが決勝点となって大宮の勝利。この失点は不運でしたが、後半は大宮の攻撃が核心を突く感じになり、一方の千葉は決定機をほとんど作れませんでしたから、結果としては順当かと思います。

今季の看板である守備はまずまず機能していました。問題はやはり攻撃ですね。点を取れないと勝てません。4カ月間空いていたといっても、あまり練習はできていませんから、攻撃に関してはこれからの課題ですね。

●ボールを持たされた前半

開幕戦からスタメンが代わっております。クレーベと組むFWに山下敬大、右サイドMFにアラン ピニェイロ、田口泰士と組むボランチに久々の高橋壱晟。センターバック(CB)に増嶋竜也、左サイドバック(SB)下平匠の計5人の入れ替えです。

前半は大宮が様子見な感じで、千葉がボールを握る展開。前半のポゼッションは54パーセントと、意外に持たされちゃいました。

(残り 1117文字/全文: 1725文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック