犬の生活SUPER 西部謙司WEBマガジン POWERED BY EL GOLAZO

現状を知る機会となった一戦【#明治安田生命J2リーグ】第7節 #ヴァンフォーレ甲府 2●1 #ジェフユナイテッド千葉 #jefunited #ジェフ千葉

2020明治安田生命J2リーグ第7節
ヴァンフォーレ甲府 2●1 ジェフユナイテッド千葉
https://jefunited.co.jp/top/matches/2020/0725/result/

●現状を知る機会となった一戦

千葉のボールポゼッションは試合を通じておよそ60パーセント。ホームの甲府の方が、あえて引き込んでカウンターを狙うという流れになっていました。

引いた時の甲府の守備耐性はかなりのものがあります。こういう展開になった時に何ができるか、という点で今後の参考になる試合だったのではないでしょうか。

前半は良かった。千葉にできることをやっていたと思います。しかし、それでは少し足りなかった。後半、49分にやや不運な形で先制点を許し、甲府が攻勢を掛けてきた時間帯に警戒していたであろうCKから2点目。甲府は流れをつかんで一気に持っていった感じでした。

千葉は櫻川ソロモン、船山貴之、見木友哉、米倉恒貴、増嶋竜也を投入して2点差を追います。ロスタイムに櫻川が1点を返しましたそこまででした。

●前半の出来は良かったが1点が決まらず

千葉はかなりメンバーを代えてきました。また水曜日に次の試合があるので、ローテーションの意味合いもあるでしょうが、1週間あっての甲府戦ですから、これが現在のベストメンバーということかもしれません。

センターバック(CB)に鳥海晃司、左サイドバック(SB)安田理大、右サイドハーフ(SH)に矢田旭、左SHに為田大貴です。

(残り 1773文字/全文: 2420文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ