犬の生活SUPER 西部謙司WEBマガジン POWERED BY EL GOLAZO

会心の勝利…5バックで店じまい【#明治安田生命J2リーグ】第11節 #ジェフユナイテッド千葉 3〇0 #松本山雅FC #jefunited #ジェフ千葉

2020明治安田生命J2リーグ第11節
ジェフユナイテッド千葉 3〇0 松本山雅FC
https://jefunited.co.jp/top/matches/2020/0812/result/

●会心の3-0

会心の勝利と言っていいでしょう。中2日の試合ということでメンバーは入れ替えましたが、プレースタイルはいつも通り。

7分、矢田旭の低いクロスを佐藤寿人がGKの目の前でツマ先で触って先制。22分にゲリアのロングスローを松本DFが頭に当ててファーへ流れたボールを増嶋竜也がヘディングで叩き込んで2-0。

68分に矢田のFKからファーで増嶋がヘディングシュートを決めて3-0。増嶋、ヘディングで2得点です。

75分には一気の4枚替えでシステムも「5-3-2」に変えて守りきり、2試合連続のクリーンシート達成となりました。

試合展開は理想的、看板の守備も余裕。開幕戦以来のホームでの勝利でしたね。

●安定の守備

千葉にもようやく「4-4-2」のゾーンディフェンスが身についた感があります。アレックス ミラー監督の時に一時的にはやりましたが、J2降格後は攻撃に力を入れる方が先になっていて、しっかりとゾーンで守る作法が身についていませんでしたし、そこに注力したのも長谷部茂利監督(代行)の一時期ぐらいでしょう。

(残り 1187文字/全文: 1756文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ