犬の生活SUPER 西部謙司WEBマガジン POWERED BY EL GOLAZO

僅差で勝っている時のプレーは「黄色」【#明治安田生命J2リーグ】第33節 #松本山雅FC 2〇3 #ジェフユナイテッド千葉 #jefunited #ジェフ千葉

2020明治安田生命J2リーグ第33節
松本山雅FC 2〇3 ジェフユナイテッド千葉
https://jefunited.co.jp/top/matches/2020/1111/result/

●セットプレー2発に川又

がっぷり四つのゲームでしたが勝利できました。22分にセルジーニョのゴラッソが飛び出して松本が先制。しかし、千葉はセットプレー2つで逆転します。堀米勇輝のFKをゲリアがヘディングで合わせて1-1、さらに堀米の直接FKが決まって2-1。

ところが、67分にセルジーニョのPKで追いつかれ、後半は攻め込まれました。交代出場の川又堅碁の決勝ゴールはロスタイム前の90分、CKから2つの決定機の後の3本目でヘディングシュートが決まりました。

2-1でリードした時点でそれ以上の失点を許さないのが目指すスタイルなのでしょうが、ゲリアのハンドリングでPKになったのはかなり不運でしたからね。よく勝ち切ったと思います。

●セットプレーで堀米

前節の1-5というショッキングな敗戦から中2日のアウェイ、リバウンド・メンタリティーが問われる試合でした。

メンバーはかなり変えてきましたね。日程的にも入れ替えが必要でしたし、メンタル的にもダメージのない選手を使いたい状況ですから納得感はありました。

(残り 1594文字/全文: 2159文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ