犬の生活SUPER 西部謙司WEBマガジン POWERED BY EL GOLAZO

完敗だけどナイスゲーム【#明治安田生命J2リーグ】第11節 0●2 #アルビレックス新潟|#ジェフユナイテッド千葉 #jefunited #ジェフ千葉

2021明治安田生命J2リーグ第11節 0●2 アルビレックス新潟
https://jefunited.co.jp/top/matches/2021/0501/result/

●完敗だけどナイスゲーム

非常にいいゲームでした。0-2なので完敗なのですが、千葉のプレーぶりは今季で一番良かったのではないですかね。相手は無敗で首位の新潟ですから、力の差はあったということでしょう。

新潟はポジショナル・プレーを採り入れているモダンなチームです。まあ、いまは何らかの形で採り入れているチームがほとんどでしょうから、これでモダンというのもナニですけど。かつてゾーナル・プレッシングが入ってきた時に加茂周監督(横浜フリューゲルス)が「モダンサッカー」と言っていましたが、いまのモダンはこれですから。

最初はプレスの仕方がハマらなかった千葉。しかし、すぐに修正して圧力が掛かるようになると、あら不思議ボールを奪えるように。奪ったボールをすぐに失うのはアレでしたが、形勢的に五分ぐらいに持っていけました。

新潟は逃げずにつなぐ、千葉も諦めずにプレスする。これでいいゲームになりました。相手がうまいと千葉もいいプレーが出てきますね。相手が蹴っ飛ばしてくると千葉もそれなりですから、相手次第な感じはあります。

●守備の修正はできたが……

新潟はボールを自陣からつないでいく意思がはっきりしていました。ゴールキックもショートパスです。これに対して、千葉の守備は全くハマりません。

(残り 1374文字/全文: 2021文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ