犬の生活SUPER 西部謙司WEBマガジン POWERED BY EL GOLAZO

やや押されながらも持ち直してドロー【#明治安田生命J2リーグ】第17節 1△1 #モンテディオ山形|#ジェフユナイテッド千葉 #jefunited #ジェフ千葉

2021明治安田生命J2リーグ第17節 1△1 モンテディオ山形
https://jefunited.co.jp/top/matches/2021/0606/result/

●やや押されながらも持ち直してドロー

かなり守備の強度は増してきました。しかし、それを外しながらの山形のパスワークに主導権を握られます。後半に巻き直してリズムをつかみ、安田 理大のクロスボールから船山 貴之が先制。しかし、終盤に中原 輝の左足の一発を食らってドローとなりました。

結果はまあ妥当かなという感じはします。山形はボールを握っていたのですが、決定力がやや足りなかったですかね。

●山形のポゼッションに我慢の前半

サウダーニャの1トップに見木 友哉、船山 貴之の2シャドー、田口 泰士と小島 秀仁のボランチでスタート。立ち上がりは強度の高い守備で山形にゲームを作らせません。10分にカウンターアタックから林 誠道にシュートされますが枠外で助かりましたが、危なかったのはこれぐらいでしょうか。

(残り 1476文字/全文: 1924文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ