犬の生活SUPER 西部謙司WEBマガジン POWERED BY EL GOLAZO

「攻撃的守備」で流れをつかむ【#明治安田生命J2リーグ】第25節 0△0 #アルビレックス新潟|#ジェフユナイテッド千葉 #jefunited #ジェフ千葉

2021明治安田生命J2リーグ第25節 0△0 アルビレックス新潟
https://jefunited.co.jp/top/matches/2021/0814/result/

●「攻撃的守備」で流れをつかむ

試合内容は非常に良かったと思います。それで3ポイント取れなかったのは残念ですが。

パスワークの良い新潟に対して、前からプレスを掛け続けてビルドアップをさせず、ロングボールを蹴らせては回収という、プラン通りすぎる展開になっていました。敵陣でのプレーを続けるにはパスワークで押し込むのと、ハイプレスで封じ込める方法がありますが、この試合の千葉は後者でした。

櫻川 ソロモンをトップに起用した効果もあり、千葉のロングボールに対して新潟がなかなか一発のクリアで押し返せない。千葉はビルドアップも安定していましたし、高いラインの守備はリスクもありながら、それをあまり感じさせないコンパクトな守備でした。

唯一、崩しのところですね。何度かチャンスも作っていますが、再現性のある攻め手はあまりなかったと思います。ともあれ、ユン ジョンファン監督がシーズン前というに掲げていた「攻撃的守備」は十分実現されていました。

●引かない守備対応

前節から先発が4人代わりました。櫻川、矢田 旭、末吉 塁、熊谷 アンドリューです。

(残り 1325文字/全文: 1894文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ