犬の生活SUPER 西部謙司WEBマガジン POWERED BY EL GOLAZO

#田口泰士 を中心とした巨大ロンド【#明治安田生命J2リーグ】第23節 3〇1 #東京ヴェルディ|#ジェフユナイテッド千葉

2022明治安田生命J2リーグ第23節 3〇1 東京ヴェルディ
https://jefunited.co.jp/top/matches/2022/0626/result/

●新井一耀の2ゴールとGKチャンミンギュ

エースストライカー新井 一耀の2ゴールとGKチャン ミンギュの活躍で3-1の快勝でした――と書くと、試合をご覧になっていない方はいったいどういうことかと思うかもしれませんが、そういうことです(笑)。

6分にFKからの田口 泰士のピンポイントのボールを新井一が合わせて早々にリードを奪います。37分には見木 友哉がPKを決めて引き離し、さらに後半立ち上がりの47分にCKのこぼれ球をまたも新井一がゲットして3-0。これで新井一は今季6ゴール、チーム内トップスコアラーとなりました。

ロスタイムに入ってGK新井 章太にレッドカードが出て、すでに5人を交代していた千葉はチャン ミンギュが31番の赤いGKシャツを着てゴールを守ります。直後には素晴らしいパンチングも披露。1失点はしましたが3-1で勝利となりました。

ユン ジョンファン監督はGKジャージーを田口に渡したのですが、田口が指を痛めていたので結局チャンにお鉢が回ったと。なんでも小学校ぐらいの時に同じような状況があってGKをやったことがあるそうですが、それにしても堂々たるものでした。

●新井一のヘッドと見木のPK

さすがにこれは暑すぎるだろうという晴天。強い風が吹いていましたが、フクアリのフィールドにはあまり入ってこないんですね。コーナーフラッグもあまり揺れていませんでした。東京Vは天皇杯から中3日ということで、その点は千葉に有利だったでしょう。

千葉の先発は前節と同じ「4-4-2」も継続。ベンチにもセンターバック(CB)はいないので選択の余地はありません。

(残り 2409文字/全文: 3186文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ