『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

trinita.eye(トリニータアイ)

【スタッフeye】片野坂監督が語る現状。選手のレベルの差が不安材料。

3連戦を勝点4で乗り切り、12節を終えて6勝2分4敗で8位。
今季J3から昇格した『23番目のスタ―ト』としては、まずまずの位置にいる。
チームを率いる片野坂知宏は、就任2年目の今季も、自分たちの足もとをしっかり見つめながら、一歩ずつ、着実な成長を促そうとしている。
指揮官の揺ぎない信念を読み解く。

Q:12節を終えて8位。連休の3連戦で勝点4を取り、まずまずの結果を残しているのではないでしょうか?
3連戦はタイプの異なるチームに勝点4を取れた。勝ちたい試合もあったし、ホームで勝てなかったのは残念です。短い期間の連戦ではコンディションに気を使いました。怪我人も多かったので戦力を落とさないことを第一に考えていました。

(残り 1015文字/全文: 1321文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ