『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

trinita.eye(トリニータアイ)

【注目選手考察】前後に揺さぶる“震源地”は フィード力を持つ福森直也。


終盤に運動量が落ちた。後ろ3人が疲れからか重たくなった。前がプレスを掛けていたのでしっかり(最終ラインを)上げなければいけなかった。間延びしてしまいボランチとの間を使われた」
福森直也は前節(△1−1岡山)勝ち切れなかった理由を口にした。本人自身、ここ数試合の調子は悪くはないが、本来のアグレッシブさ、正確なクサビのパスを出せていない。

今季、竹内彬を筆頭に岸田翔平、黒木恭平、坂井達弥といったJ2での実績がある選手が加入し、始動前のスタメン序列は低かった。しかし、開幕戦から先発で出場し、途中怪我で離脱したが、竹内、鈴木義宜と一緒に大分の最終ラインに君臨している。

(残り 599文字/全文: 880文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ