『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

trinita.eye(トリニータアイ)

【山口vs大分】レビュー:鈴木惇の決勝点で4試合ぶりの勝利

■2017明治安田生命J2リーグ第30節
8月26日(土)山口 2-3 大分(19:04KICK OFF/維新公園/6,867人)
得点者:17′ 伊佐耕平(大分)24’福元洋平(山口)54’レオナルドラモス(山口)58’三平和司(大分)87’鈴木惇(大分)
———–
87分、鈴木惇の鮮やかなダイレクトボレーで逆転。4試合ぶりの勝利に酔いしれた。殊勲のゴールを挙げた鈴木惇は、「疲れていたので何も考えずに飛び込んだ」と振り返った。松本怜の滞空時間の長いクロスに対し、しっかり左足をたたんでミートすることを心がけたボールはネットに突き刺さり、スタジアムは歓喜に沸いた。

(残り 481文字/全文: 757文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ