『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

trinita.eye(トリニータアイ)

【松本vs大分】レビュー:本気の戦いの中にこそある成長。アウェイで得た大きな勝点3。

■2017明治安田生命J2リーグ第38節
10月21日(土)松本 0-2 大分(14:03KICK OFF/松本/9,246人)
得点者:38’岸田翔平(大分)58’松本怜(大分)
———–
「先制点が大きかった」
片野坂知宏監督が振り返ったのは、38分の岸田翔平の先制弾だ。序盤から雨で濡れたスリッピーなピッチで、両チームともボール処理に手を焼いた。互いにミスから相手に決定機を与える状況のなか、CKからゴールが生まれた。鈴木惇のゴール方向に飛ぶインスイングのキックをGKが弾き、こぼれ球を岸田が迷わず右足を振り抜く。抑えの効いたシュートはGKの足に増えるも、勢いが勝りゴールネットを揺らした。

(残り 685文字/全文: 982文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ