『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

trinita.eye(トリニータアイ)

【大分vs山形】レビュー:“たられば”は禁物だが…。大分がホームで勝点3奪えず

■2017明治安田生命J2リーグ第40節
11月5日(日)大分 1-1 山形(14:00KICK OFF/大銀ド/9,822人)
得点者:88’阪野豊史(山形)90’大津耀誠(大分)
———–
J1昇格プレーオフ進出に望みをつなぐためには勝たなければいけない大分が、ホームで敗れた。6位との勝点差は3。数字上の可能性はあるが厳しい状況となった。片野坂知宏監督が「何もかかっていない試合だったらよく追い付いたと言えたが…。プレーオフを狙うなら今日の勝点1は負けに等しい」と悔しさを滲ませたように、この一敗の痛さを物語っていた。

(残り 550文字/全文: 812文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ