【サッカー人気4位】【松本山雅】[元悦対談]新監督・名波浩…

大宮花伝

臨機応変さを発揮した逆転劇。凄みを見せつけるも、悔しいドロー【レノファ山口FC戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第13節・5月11日(土)16:00キックオフ
維新みらいふスタジアム/6,266人
レノファ山口FC 2-2 大宮アルディージャ
【得点者】山口/36分 川井歩、90+1分 田中パウロ淳一(PK) 大宮/71分 フアンマ・デルガド、83分 小島幹敏

▼水戸に勝ち点1差と肉薄

ロスタイムも残り2分ーー。耐え抜けば勝ち点3を奪えた試合だ。アウェイで迎えた5月11日のレノファ山口FC戦は、先行され、追いつき、逆転し、そして、2-2で引き分けた。めまぐるしく立場が変わる中で、9戦負けなしをキープしたが連勝ならず。山口は下位で苦しんでいるものの、大前元紀が「油断する相手じゃない」と警戒していたとおりに。ゲーム運びは分があったが相手も意地がある。つかみかけた勝ち星はスルリとこぼれ落ちた。

(残り 951文字/全文: 1294文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ