【サッカー人気3位】秋葉忠宏監督「再確認したフットボーラー…

大宮花伝

首位と雪辱へ。さまざまな思いを抱える一戦に【東京ヴェルディ戦/マッチプレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第19節・6月22日(土)19:00キックオフ
味の素スタジアム
東京ヴェルディvs 大宮アルディージャ

▼当時の顔触れ残り、激戦は必至

首位まで、あと1勝−−。追うモンテディオ山形の背は見え、2位に浮上して勝ち点2差に迫った。リーグはこれからも続くとはいえ、東京ヴェルディ戦で3連勝して立っておきたい位置だ。畑尾大翔は「第1節目からずっと順位表は気にしている。とりあえずここまでやってきた結果が出ている」とし、さらなる高みに目を向けた。

前節の岐阜戦は試合終了間際に三門雄大が勝ち越しゴールを決め、21でケリをつけた。大前元紀は「(高木琢也)監督もよく言うけどシュートを打たないと何も始まらない。そういう中でシュートを(多く)打って決められたのは良かった」と三門の決勝点を賞賛。高木監督も「何回もトライして起こったこと」と選手のチャレンジをたたえる。指揮官の選手交代も冴え、「負けているシチュエーションで代えていった」と采配を振り返った。

(残り 964文字/全文: 1391文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ