【サッカー人気5位】王道のCF、デンマークより来たる。浦和…

大宮花伝

小島幹敏/2戦連続スタメンに「いつもイジられていたので良かった」【モンテディオ山形戦/選手一問一答】

■明治安田生命J2リーグ第26節・8月4日(日)19:00キックオフ
NACK5スタジアム大宮/11,678人
大宮アルディージャ3-2モンテディオ山形
【得点者】大宮/19、28分 ロビン・シモヴィッチ、72分 茨田陽生 山形/4分 栗山直樹、54分 南秀仁

今季初めて2試合連続先発し、攻守で勝利に貢献した小島幹敏。28分、相手のクリアボールを頭でつなぎ、ロビン・シモヴィッチのゴールをお膳立て。52分にはドリブルでゴール前までボールを運び、左から走り込んできた奥抜侃志にラストパスを送った。惜しくもネットは揺すれなかったが絶好機を演出するなど見せ場を作った。

−小島選手としては今季初めて2試合連続で先発でした。

(残り 517文字/全文: 816文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ