大宮花伝

ダヴィッド・バブンスキー /縁の不思議さに「もしかしたら前世は○○人かも」【西大宮の巻】

▼「日本が引き合わせてくれた」

8月14日の天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦、J1ヴィッセル神戸戦で右シャドーを担って先発出場。前半の10分にフアンマ・デルガドの絶好機を演出し、後半の54分にはシュートを放つなど65分に交代するまで随所で存在感を見せた。目指すカテゴリーのチームに0−4と完敗したが、「(来季)J1で戦う上で何が必要かを見られる試合でした。学びがあった」と悔しさから感じ取った。

(残り 1025文字/全文: 1223文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック