『俺のやることが山雅の伝統になってくれたら嬉しい』田中隼磨がJ1残留に向けて示す覚悟とは(J論)

大宮花伝

笠原昂史/“アバちゃん”と“レジェンド”の絆。縁ある水戸の地で会いたいアノ選手は?【西大宮の巻番外編】

笠原昂史がプロ生活をスタートさせた地に乗り込む。水戸ホーリーホックで対戦したい、思い入れのある選手にはGKのイロハを教えてくれた“レジェンド”であり、“父”であるアノ選手を指名。リスペクトし合う2人の絆には胸が熱くなるほどだ。

縁深いチームと猫セーブ?を教えてくれたアノ選手との思い出とともに、古巣戦への気持ちをお伝えします。アノ選手から笠原選手へのコメントもうかがってきました。

▼父のように「本当に頼りになる人」

−古巣の水戸戦ですが、この選手と戦いたいとか思い入れのある選手はいますか。

(残り 3457文字/全文: 3700文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック