大分トリニータ気鋭の「頭脳」が語るJ1再開と展望(J論)

大宮花伝

高木琢也監督/「相手のパワーが強かったのは認めざるを得ない」スコレスドロー【栃木SC戦/監督一問一答】

■明治安田生命J2リーグ第40節・11月10日(日)14:00キックオフ
栃木グリーンスタジアム/8,426人
栃木SCャ0-0大宮アルディージャ

4連勝を狙ったが栃木SCの粘りの守備を前にスコアレスドロー。勝ち点で並んだ横浜FCに得失点差で下回って3位に後退し、高木琢也監督が試合を振り返った。

Q.試合の総括は。
「たくさんのサポーターがきてくださって、非常にいい雰囲気を作ってくださいました。自分自身が応えられなかったことが非常に残念。選手たちはよくやってくれたんですけど、それよりも栃木さんのプレーを褒めるしかなかった。とにかく次のゲームへ向けて準備をしたい」

(残り 609文字/全文: 888文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック