【サッカー人気3位】【松本山雅】[元悦対談]新監督・名波浩…

大宮花伝

高木琢也監督/「大変申し訳ない気持ちでいっぱい。私の力不足」【ツエーゲン金沢戦/監督一問一答】

■明治安田生命J2リーグ第42節・11月24日(日)14:00キックオフ
石川県西部緑地公園陸上競技場/8,048人
ツエーゲン金沢1-1大宮アルディージャ
【得点者】金沢/71分 清原翔平 大宮/14分 オウンゴール

3位の大宮アルディージャは最終節のツエーゲン金沢戦で1−1と引き分けた。勝ち点2差で追っていた2位の横浜FCが勝ったため、自動昇格は決められず。プレーオフに回ることになり、高木琢也監督が試合と今季のここまでを振り返った。

Q.試合の総括は。
「アウェイの地にたくさんのサポーターが駆け付けてくださったゲームだったのですが、非常に大変申し訳ないなという気持ちでいっぱいです。本当に力をいただきながら我々としては勝ち点3、得点も3点以上、得失点差を縮めるところまで持っていきたった。結果的にはそういったスコアを作ることができかなったのは残念。私の力不足だと思います。横浜FCさんは昇格を決めました。本当に同じリーグの中で最後まで競い合いながら、いい結果を得られたチーム。まずは、本当におめでとうございますとお伝えしたなかで、我々もまだまだチャンスはありますし、プレーオフは2試合をホームゲームでやれます。ホームアドバンテージを使いながら切り替えていきたいなと思います」

Q.後半から少し間延びしてしまった印象ですが。

(残り 737文字/全文: 1293文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ