【サッカー人気3位】柏に完封勝利 宇賀神友弥は試合出場を目…

大宮花伝

渡部大輔/「誰が出てもいい結果が得られるように、また準備したい」【ツエーゲン金沢戦/選手一問一答】

■明治安田生命J2リーグ第42節・11月24日(日)14:00キックオフ
石川県西部緑地公園陸上競技場/8,048人
ツエーゲン金沢1-1大宮アルディージャ
【得点者】金沢/71分 清原翔平 大宮/14分 オウンゴール

自動昇格が懸かった最終節のツエーゲン金沢戦で渡部大輔が30試合ぶりに先発出場。また、フル出場は38試合ぶりとなった。前半14分に放ったクロスがオウンゴールを誘い、相手に当たってゴールインして先制点を挙げた。

Q.先制点の場面を振り返って。
「積極的にクロスやシュートをゴール前では上げて行こうと、みんなで意識して言っていた。僕も意識してシンプルにクロスだったりのところを上げて行こうというところで、ダイレクトでクロスからと思ってうまく当たって入りました。それがいい結果につながったかなと思います」

Q.先制点を取っていいスタートは切れたのではないでしょうか。

(残り 397文字/全文: 776文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ