【サッカー人気5位】【ガンバうぉっち】[横浜F・マリノスv…

大宮花伝

【★無料記事】名門・武南高校サッカー部OBの相内竜哉さんがスクール開校。イベントに清水慎太郎、江坂任、高木利弥らJリーガーらが参加【番外編の巻】

▼「日本のサッカーを強くしたい」

埼玉県の名門・武南高校サッカー部OBの相内竜哉さんが、技術の向上や人としての成長を促す個人レッスンをメインとしたサッカースクール「PRDEC(パーデック)」をスタートさせた。開校から1年未満にもかかわらず、家庭教師スタイルの指導が評判を呼び、全国の子どもから大人までが受講中だ。12月28日には西武台高校第2サッカーグラウンドで現役Jリーガーらが参加するサッカー教室イベントを無料で実施した。

イベントには高校時代のライバルで友人でもある西武台高校サッカー部OBの清水慎太郎(水戸ホーリーホック、新座片山FC出身)や江坂任(柏レイソル)、高木利弥(松本山雅FC)、外山凌(水戸、新座片山FC出身)、清水と西武台時代のチームメートだった小澤章人、山田陸(ともにAC長野パルセイロ)、飯田涼さん(元SC相模原)が名を連ねた。さらに、YouTuber(ユーチューバー)のMAKIHIKA(マキヒカ)、うめちゃんも駆け付けた。

PRDEC代表の相内さんは武南高校時代、攻撃の中心選手として活躍。武南仕込みの確かなテクニックと快足を生かした突破で存在感を見せていた。卒業後はサッカー特待生で東京国際大学(現在は関東大学リーグ2部)に入学し、社会人時代は当時埼玉県1部リーグだった武南クラブでプレーした。PRDECは現在、GKコーチの門井誠也さん(本庄第一高校出身、埼玉県トレセンU−12GKコーチ)、コーチの岩渕慎平さん(帝京高校、東京国際大学出身)、同じくコーチの鈴木大輝さん(浦和レッズユース、流通経済大学出身)の計4人で運営。実力派のコーチ陣をそろえて指導にあたっている。

 

PRDEC代表の相内竜哉さん

 

開校のきっかけは「日本のサッカーを強くしたい」と思い立ったことだと言う。「日本のサッカーは世界を相手にしたら強くはない。日本のサッカーを強くするには育成年代から力を入れないと」と、コーチ陣もしっかりとデモンストレーションができる力を備えた人材を集めた。また、日本古来の文化である武道・武術の概念をスポーツトレーニングに応用したJARTA(ジャルタ・日本アスリートリハビリテーショントレーナー協会)の中野崇代表の考えにも影響を受けて参考にしている。「(日本の)サッカー選手は腰を低くして踏ん張ろうとするが、それはあまりよくない。正しいことを伝えていきたい」と目を輝かせた。

スクールはインスタグラムやラインとSNSで宣伝し、トレーニング動画をインスタグラムに載せたりして活動の幅を広げる。友人にJリーガーも多いことから、彼らとの意見交換で得た知識も活用。主に月1回のトレーニングを行い、1カ月のメニューを生徒に伝える方式で「(部活やクラブの)監督、コーチに言えないことを俺に聞いてくれればいいよって。近所のお兄ちゃん的存在でいたい」と相内さん。将来的には個人レッスンだけでなく、複数人の小学生対象スクールの開校を目指す。また、そのスクールがJリーガーたちの「セカンドキャリアの場になれば」と意気込んだ。

今回のサッカー教室は「夢、目標を持つこと、さらにサッカーの楽しさを伝えていきたい」として開催。小学1〜6年生まで約130人が集まり、埼玉県内だけでなく新潟県からの参加者もいたほどの盛況だった。Jリーガーたちは相内さんの活動に賛同し、ボランティアで指導を請け負った。グラウンドは相内さんと親交があり、清水の西武台高校時代のチームメートでもある西武台新座中学校サッカー部の山﨑健吾監督が準備。サッカー部員たちも運営に一役買い、相内さんは「イベントのお手伝いをテキパキとこなしてくれて、とても助かりました」と未来の“Jリーガー”たちに感謝を述べた。

 

清水慎太郎

 

▼Jリーガーも「本気でプレー」と笑顔

子どもたちとサッカーを楽しんだ清水は、相内さんとは高校3年次に出会った。全国高校サッカー選手権埼玉大会準決勝で対戦後、健闘を称え合ったときからの仲。清水は「彼も始めたばかり。経験してそこから発展させていくと思う。それは僕も一緒でサッカーは実際にやってみて、経験していくもの。一歩を踏み出したのはすごいと思うし、一歩を踏み出す勇気があるのは刺激を受ける」と話す。「教えるっていうよりも本気でプレーして、それで子どもたちが感じてくれればいいのかなっていうのが僕のスタンス。100%楽しむってことを忘れずサッカーをしているので、子どもも大人も関係ない」と生き生きと交流していた。

清水の紹介で相内さんと知り合った江坂は「小さい子に夢を与えることを無償でやっている。時間をかけて企画もしたと思う。すごい」と最後まで全力疾走。子どもたちと夢中になって走り回り、「プロをやっていて手伝えることがあるので良かった」と笑顔を見せた。GKだけに的確なコーチングで指導した小澤は「楽しんでほしいっていうのがあったので、少しでも発信できればとやっていた。サッカーを通していろんな人とつながれるのはいいな」とうれしそう。山田は「子どもたちが思ったより上手だった」と驚き、「触れ合う機会がないのですごく楽しかった」と汗をぬぐった。好評を得て、第1回のサッカー教室を終えた相内さんは「来年も、またやれればなと思っている」とイメージを膨らませた。

Photo & Text by 松澤明美

 

江坂任

高木利弥

外山凌

小澤章人

山田陸

飯田涼さん

うめちゃん、MAKIHIKA(マキヒカ)

西武台新座中学校サッカー部の山﨑健吾監督

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック