【サッカー人気3位】東京五輪の1年延期が新たな競争を生む。…

大宮花伝

高木琢也監督/指揮を執って2年目。スタートダッシュするチームがあるならば「それは僕ら」【西大宮の巻コメント】

 

ついに今季が幕開けする。2年目の高木琢也監督は12人の新加入選手と17人の既存選手の融合を図ってきた。パワーアップした戦力と高めた戦術が、水戸ホーリーホック戦でお披露目される。

 

Q.いよいよ開幕です。手応え、成熟度はいかがでしょうか。
「12人の新しい選手が入り、既存選手を含めてチームの新しい雰囲気というかゲーム、プレーは作れると思う」

(残り 1501文字/全文: 1680文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック