【サッカー人気1位】Jリーグ再開の祝賀ムードに取り残されて…

大宮花伝

「去年にはない粘り強さ」で白星発進。勝利を手繰り寄せたジョーカーたちの目線【水戸ホーリーホック戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第1節・2月23日(日)14:00キックオフ
ケーズデンキスタジアム水戸/7,029人
水戸ホーリーホック 1−2 大宮アルディージャ
【得点者】水戸/56分、山田康太 大宮/24分、オウンゴール 75分、富山貴光

▼采配的中。交代カードの意図

耐えた先に待ち受けたのは歓喜だったーー。

大宮が好敵手・水戸との開幕戦を勝利で飾り、アウェイスタンドは笑顔の花が咲き誇った。選手はサポーターが歌うチャント「寝ても大宮」を味わい、この日が誕生日だった翁長聖にはバースデーソングが贈られた。イッペイ・シノヅカは「去年にはない粘り強さがあった。苦しい時間帯が多かった試合だが、それでも勝ち越せたのは、みんなも自信になったと思う」と晴々した表情で喜んだ。

(残り 1701文字/全文: 2024文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック