【サッカー人気5位】Jリーグと東京都に見る「3密」対策の違…

大宮花伝

新型コロナで試合延期。中断を充実したときにするため「努力は怠ったらいけない」と主将【西大宮の巻】

▼気持ちを切り替え、再開へ調整スタート

Jリーグは2月25日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、2月28日〜3月15日までの公式戦94試合の開催延期を発表した。大宮は2月29日の徳島戦、3月7日の磐田戦、3月14日の長崎戦が開催延期に。3月18日の山形戦が再開試合となり、クラブはファン・サポーター、チーム関係者の健康に配慮して練習の一般非公開を決めた。

チームは延期発表翌日の26日、報道陣に練習を公開した。オフ明けとあって強度はそこまで高くなく、雰囲気を引き締めるために声を出し合って励んだ。高木琢也監督は延期について「仕方がない」と気持ちの切り替えは済んでいる。約3週間後の山形戦に照準を定め、

(残り 1135文字/全文: 1436文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック