【サッカー人気2位】なでしこジャパンは、なぜ批判されたのか…

大宮花伝

山越康平/地元でスタメン返り咲きを。自身のプレーに「手応えある」【西大宮の巻】

 

不断の努力を続ける山越康平。地元でもある栃木の地でのスタメン返り咲きを狙う。メディアの合同インタビューで思いを語った。

 

高校、大学の好敵手と対戦

Q.チームは4連勝と好調です。どの選手が出ても戦いぶりが変わりませんが、どんなチームづくりをしているのでしょうか。
「高木琢也監督になって2年目なので、昨年からのベースというものがある。それに加えて今年、新しいことをプラスしてチャレンジして、そのイメージをみんなで共有できている。そういったところがこういう結果につながっているのかな」

Q.今のチームは勝ち切れるというか、たくましさも増しているように見えますが。
「苦しい試合でも勝ち切るっていうのは今までになかったことだと思う。そこが

(残り 1412文字/全文: 1735文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ