【サッカー人気2位】日本代表の現場からしばし離れて思うこと…

大宮花伝

髙田颯也/デビュー戦を勝利で飾れず、次こそは「ゴールへ積極的に」【西大宮の巻】

 

甲府戦でプロデビューを飾った大宮U18出身の高卒ルーキー・髙田颯也。途中出場後すぐに特長である独特のテンポを刻むドリブルで視線を奪った。金沢戦を控え、メディアの合同インタビューで心境などを語った。

 

金沢の堅守と速さで勝負

Q.甲府戦でピッチに立ってみて感じたところを生かし、練習であらためて取り組んでいるところはありますか。
「負けている状態で入って、もっとゴールへ積極的に行くべきだったなと思った。シュートを積極的に打つところは練習で心掛けている」

Q.既にプロ生活は始まっていますが、試合に出てみて心境の変化はありますか。
「まずデビューできたことはとてもうれしかったですね。でも、やっぱりデビュー戦で勝利したかったっていう気持ちもあった。しっかり切り替えて次はチームが勝てるように、チームの力になれればいい」

(残り 1164文字/全文: 1528文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ