【サッカー人気3位】【J1騒乱】実はすごい。浦和レッズ大槻…

大宮花伝

奥抜侃志/「狙った通りに」今季初ゴール。勝利ならずも今後の弾みに【新潟戦/コラムの巻】

■明治安田生命J2リーグ第10節・8月8日(土)18:00キックオフ
デンカビッグスワンスタジアム/4,579人
アルビレックス新潟1−1大宮アルディージャ
【得点者】新潟/26分 ロメロ・フランク 大宮/5分 奥抜侃志

エース候補 追加点を渇望

今季初ゴールを飾ったが試合後の表情は曇っていた。奥抜侃志は「もう1回、チャンスがあったのでそこを決めきらないといけない」。攻撃陣だけに追加点を取れなかった悔しさの方が上回った。

今季初ゴールとなった先制点は鮮烈だ。前半5分、相手のスローインを奪うと、それを受けた黒川淳史が中へと切れ込む。富山貴光にパスがわたって素晴らしいポストプレーから、裏へと抜け出した奥抜がもらってシュート。飛び出してきた相手GKよりもわずかに早くボールに触ってネットを揺さぶった。

「(得点が)入る前から

(残り 823文字/全文: 1175文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック